家電もファッションも「安い」が勢ぞろい!楽天市場

2023年05月14日

お客様は、神か悪魔か?

昭和の時代は、お客様は神様でした。令和では、テロリストかもしれません。

どうしてこんなにお客様に対する態度が変わってしまったのでしょうか?

今回は、昭和と令和のお客様対応の違いについて、私なりに調べてみました。

まず、昭和の時代は、お客様は神様という考え方が一般的でした。
これは、戦後の高度経済成長期に、サービス業が発展し、競争が激化したことが背景にあります。
お客様を満足させることが、売上や利益に直結するという意識が強くなりました。
また、日本人はもともと礼儀正しく、相手に敬意を払う文化があります。
そのため、お客様に対しても丁寧で親切な対応を心がけるようになりました。

しかし、令和の時代になって、お客様は神様ではなくなりました。
むしろ、テロリストかもしれません。

これは、インターネットやSNSの普及によって、消費者の声が強くなり、過剰な要求やクレームが増えたことが原因です。
お客様は自分の欲求を満たすために、店員や従業員に暴言や暴力をふるうこともあります。
これを「カスタマーハラスメント」と呼びます。

カスハラは接客業の人たちに大きなストレスを与えています。

では、どうすればいいのでしょうか?
私は、お客様も店員も対等な人間であるということを忘れないことが大切だと思います。
お客様は神様ではありませんが、テロリストでもありません。
店員は奴隷ではありませんが、敵でもありません。
互いに尊重し合って、良好な関係を築くことができればと思います。

以上が私の考えです。
皆さんはどう思いますか?



posted by すん at 22:18| グレーゾーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

コロナ不況

コロナウイルスによる外出自粛で、色々なものが売れず、生産するところも売り上げ激減。

私の職場も製造業なので、生産調整が入って三日働いて、四日休みの三勤四休。

給料も激減。

まぁ、会社がつぶれないだけまだましか。

でも、出口が見えないので、いまが「備える」時なのかもしれません。


NETではスグに儲かるような広告が出たり、迷惑メールもそんな感じの物が増えています。

外部からくる「金儲け」情報はほぼ危険なグレーゾーンバイトや情報。

知らない人からの直メッセージなんかも危険です。

犯罪に巻き込まれないように注意が必要です。

posted by すん at 10:49| グレーゾーン 金儲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

コロナウイルス

コロナウイルスの感染が広がっています。

政府の非常事態宣言も強制力はなく国民の自主性に任されている。

だからと言って、自分勝手な行動は厳に慎まなければならない。
主権は国民という基本が突き付けられてる気もします・・・。


さて、少し期待の持てる話として、BCGの接種がコロナ肺炎の重症化を抑制しているような相関がみられるという情報。

米ハーバード大学公衆衛生学部のメガン・マリー教授がTwitterで「BCGワクチンの接種は新型コロナウイルス感染症に対して効果があるか試す価値はある」との情報を発信しています。

オランダやオーストリアでは、医療従事者向けにBCG臨床試験を始めるとしています。

日本では、科学的な根拠がない、目的が違う(結核予防)、本来の予防接種への不足が懸念されるという事で特に動きはなさそうです。
知見のない人が、皮下注射して副反応がでてしまったとの報道もありました。

日本では、子供の時に予防接種するので、成人が今回のコロナ騒ぎであわてて接種する必要はなく、情報収取のみで良さそうです。
(世界では、そんな動きもあるのか~)

日本人は、コロナに対しちょっとだけ強そうといえるのでは?

posted by すん at 17:21| グレーゾーン ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする